roberto cavalli BY FRANCK MULLER

クロノをインパクトで選ぶと『157』と『009』に絞られる

 イタリアンファッションメゾンのロベルト カヴァリと、スイスの高級ウォッチブランドのフランク ミュラーのコラボで生まれたロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー。既存の腕時計の常識にとらわれない自由なデザインなのに、機能や性能の面ではしっかり大まじめで安心して使えるブランドだ。
 そんなロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラーのラインナップからクロノグラフを選んでみる。まず注目したいのは、本誌でも初めて紹介する新作の『157』シリーズ。52㎜×40㎜とかなり大きいサイズのトノウ(樽型)ケースで、30分と12時間の積算計を備えたスリーレジスタークロノグラフ。ビッグサイズとはいえエルゴノミックなデザインだから腕馴染みもいい。
 存在感のあるクロノグラフと言えば、見過ごせないのが『009』シリーズ。カタマリ感の強いデカゴン(十角形)デザインで、ケースサイドから見ると「塔」のように感じる重厚感。こちらもまた強烈な個性とオリジナリティを放つ魅力的な時計だ。

157 series

小顔に見せるNEWトノウ

52㎜×40㎜のラージサイズトノウ。ベゼルにはスリットのデザイン処理が施されているので、骨太すぎるイメージはないが迫力は満点だ。9時位置には30分積算計、6時位置には12時間積算計が備えられている。
■ケースサイズ/52㎜×40㎜ 
■ムーブメント/クォーツ 
■防水性能/100m防水

RV1G157M0061
SS(BK加工)。ブラック文字盤。SS(BK加工)ベルト。
18万1500円
RV1G157L0031
SS(RG×BK加工)。ブラック文字盤。ブラック本革ベルト。
15万7300円
RV1G157M0041
SS。シルバー文字盤。SSベルト。
15万7300円
RV1G157M0051
SS。ネイビー文字盤。SSベルト。
15万7300円
RV1G157L0011
SS。シルバー文字盤。ブラック本革ベルト。
14万5200円
ケースサイドの面に合せてプッシュボタンもデザイン処理されている。
レザーストラップは高級感のあるクロコダイル調。

009 series

マッチョに似合うゴツいクロノ

けっこうなボリュームを感じさせるデカゴンベゼル。15分位置まで1分刻みのバーが入るダイバーズ風ベゼルのデザインがスポーティーだ。ベルトはラバーとリアルレザーをラインアップ。
■ケースサイズ/40㎜ 
■ムーブメント/クォーツ 
■防水性能/50m防水

RV1G009P0011
SS(RG加工)。ブラウン文字盤。ブラウンラバーベルト。
12万4300円
RV1G009P0031
SS(BK加工)。ブラック文字盤。ブラックラバーベルト。
12万4300円
RV1G009L0101
SS(BK加工)。ブラック文字盤。ブラック本革ベルト。
12万4300円
RV1G009L0111
SS(RG加工)。ネイビー文字盤。ネイビー本革ベルト。
12万4300円
RV1G009L0121
SS×SS(BK加工)。ホワイト文字盤。ブラック本革ベルト。
11万1100円
ボトムからトップにかけて徐々に広がっていく花びらのような造形。

■問い合わせ/株式会社ミスズ
TEL:03-3247-5585
hww.misuzu.com